027-364-1199
診療時間
9:00~12:00 
15:00~19:00
受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。
予約制
定休日:年中無休

お知らせ

みなさん、こんにちは🎶

先日飼い主様がねこちゃんの外陰部から

のようなものが出ているとの主訴で来院されました。

来院される前から前からお腹にしこりのような物があり

腫れている状態でした。

検査で子宮蓄膿症と診断されました。

 

子宮蓄膿症は犬では多く見られますが、

ネコでは比較的稀な病気です。

 

嘔吐多飲多尿元気喪失等の臨床症状が乏しく

お腹が腫れた子宮で大きくなるため

最近、太ったといわれる飼い主さんもいます。

 

手術後の確認でも子宮に膿が溜まっている子宮蓄膿症でした。

子宮蓄膿症に関する詳しい説明はこちら

 

↓腫れている腹部

↓摘出中の子宮

↓摘出後

↓縫合後の腹部

 

手術は無事に成功し、抜糸も無事に終わりました。

現在は元気な姿を見せてくれました🐈

 

当院のトップページ

トップへ戻る