027-364-1199
診療時間
9:00~12:00 
15:00~19:00
受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。
予約制
定休日:年中無休

お知らせ

こんにちは

先日飼い主様がわんちゃんの元気がないとの主訴で来院

検査で子宮蓄膿症と診断されました。

手術後の確認でも子宮に膿が溜まっている子宮蓄膿症でした。

子宮蓄膿症は若いときに避妊手術を行っていない、

6歳以上の高齢犬で多く見られます。

 

対策としては早期発見もしくは、

1歳を過ぎてからの避妊手術を行うということになります。

早期の避妊手術には子宮蓄膿症を防ぐだけではなく、

乳がんの発生を抑える効果もあります。

 

子宮蓄膿症の症状としては、

元気食欲が無くなったり、嘔吐を繰り返す

多飲多尿お腹の周りが膨らんできたりする事もあります。

多くの場合はオリモノの中にが混じっていることに

飼い主様が気づいて来院され子宮蓄膿症と診断されます。

 

↓腹部の腫れ

 

↓摘出した子宮

 

↓縫合後

 

手術は無事成功し、現在は元気な姿を見せてくれました。

わんちゃん・ねこちゃんの避妊・去勢手術のご相談

当院へお気軽にご相談ください☎️

 

当院のトップページ

トップへ戻る