027-364-1199
診療時間
9:00~12:00 
15:00~19:00
受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。受付は診療時間終了30分前までに済ませて下さい。
予約制
定休日:年中無休

お知らせ

こんにちは!

今回は6才の女の子のわんちゃんの避妊手術と左鼠径ヘルニアの手術を行いました!

鼠径ヘルニアは小型犬に多い病気です。

臓器は腹膜という膜に包まれており、心臓や肺については背骨と肋骨に守られていますが、その他の腹部・腹腔にある臓器は、守ってくれる骨がないので、筋肉やそれを包んでいる筋膜によって、背骨から吊り下げられているような状態になっています。

しかし、食事や呼吸をすることで強い圧力がかかることがあり、それにより、この腹腔を守る筋肉に隙間ができて、そこから臓器が押し出されてしまうことがあります。

これをヘルニアといい、このヘルニアが脚の付け根あたりで起こる病気を鼠径ヘルニアと呼びます。

鼠径ヘルニアだと、太ももの付け根あたりに、しこりや膨らみがあったり、触ると痛がったりするので、そういう症状があるわんちゃんのオーナーさんは病院に相談しましょう!

今回手術を受けたわんちゃんは傷口の治りを良くするため、レーザーに通ってもらっています(^^)

早く傷口が良くなりますように*

 

当院ホームページはこちら

トップへ戻る